校内発表会

2020年11月03日


今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため、例年の文化祭を縮小し、生徒と保護者のみの校内発表会を行いました。
時間も午前のみと短い時間でステージ発表と、各学年の模擬店を行いました。

開幕を告げてくれたのは、軽音部の皆さんの演奏。今年もダブルボーカルで盛り上げてくれました。
また、高3のSくんによる「大きな古時計」のソロ演奏では、いつもと違い、生まれ変わった姿を見せてくれました。



そのあとは、自由行動となり、各教室で行っている模擬店を見ました。
高3はお化け屋敷。
高2はマグカップ・エコバックの販売とエイトリングの舞台発表。
高1はパターゴルフ。
中3は手作りのミサンガ・ボールペン・カレンダー・コースターの販売。
中2はアロマキャンドル・スノードームの販売と射的。
それぞれ思考を凝らした作品を作っていました。





どこの模擬店も大盛況で、あっという間に完売していました。

後半のステージ発表では、高3課題研究で作成した新型コロナウイルス対策啓発動画の発表と、今年は残念ながら登ることができなかった夏山登山のイメージムービーの発表がありました。
新型コロナウイルスの正しい知識を身につけること、また、正しい予防方法を高3がオリジナルで作ってくれました。
昨年の夏山登山中に撮影したインタビューや、昨年登った子のインタビューをメインに作成しました。
そして最後は中学生による地域学習。
今年のテーマは「藤橋住民の悩みの種 カメムシ 〜その生態と対策〜」
なぜカメムシはあんな匂いを出すのか、なぜ藤橋地区には多いのか、様々な視点から調べてくれました。




今年度は短い時間での開催となりましたが、新型コロナウイルス感染対策のため、様々なイベントが中止になり、生徒たちの思い出が作りにくい状況となりました。
そんな中、少しでも楽しんでもらおうと、規模を縮小して行った今年度の校内発表会、みんな、喜んでもらえたと思います。
ご来場いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。


ページ先頭へ戻る