授業再開!

2021年05月10日

長かったGWも終わり、学園では今日から授業が再開しました。
久しぶりの授業でしたが、学園生たちは集中して授業を受けていました。
でも、ちょっとお疲れ気味かな・・・?
無理をせず、少しずつ学園での生活リズムを取り戻していけるといいですね。



  GW明け、さあ、Vamos(バーモス)

2021年05月10日

 コロナが蔓延するなか不安定な状況ですが、学園には生徒たちが元気に帰ってきてくれました。そして今日から学園生活がまたスタートします。
 ところで上記に書きましたVamos(バーモス)という言葉なのですが、英語に直すとLet’s(レッツ)になるスペイン語です。レッツといえばレッツゴー(さあ、行こう!)という元気のいい言葉ですが、そこは情熱の国スペインのこと、Vamosは「今日こそは命をかけて任務に当たるとき」と自分に向かって喝を入れる言葉だそうです(諸説あるらしいのですが、昔わたしがコスタデルソルを旅したときに泊まった旅館の親父さんがそう教えてくれました)なかなか気持ちがのらない時やめげそうなときでも自分を叱咤激励するため投げかける熱い気持ちを表す言葉だそうです。
 学園生のみんな さあ、Vamos!!!


GW明けの帰園

2021年05月09日

5月7日に岐阜県で過去最多の130人の新型コロナウイルスの感染者が発表され、8日、9日といずれも感染者が100人を越え、蔓延防止措置が発令されました。良くも悪くもコロナウイルスのある生活に慣れてしまったところもあると思のですが、自分の命、大切な人の安全を守るためにも今一度気を引き締めないといけないなと思います。ゴールデンウィークが明け、学園生達は再び寮での共同生活が始まります。本来であれば仲間とじゃれあったり、談笑したりすることも寮生活の醍醐味なのですが、ある程度の辛抱する必要があります。みんなで協力してコロナウイルスのある日常でも楽しく生活できるようにしていきたいものです。


令和3年度立志式

2021年04月30日

今年度も揖斐川町主催の立志式に中学3年生が参加させていただきました。
昨年同様、新型コロナウイルス感染症対策のため、リモートでの開催となりました。
開会の言葉ではHくんが、決意表明ではSさんがそれぞれ自分の思いを話してくれました。
また、事前に録画した記念品贈呈ではMくんが自分のデザインしたマグカップを手に、「クラスのみんなが大好きなのでこのデザインを作りました」と嬉しい言葉を話してくれました。
なかなか普段通りの生活には戻ることはできませんが、そんな中でも日々を一生懸命生きている彼らに、良い思い出として残っていければいいなと感じました。



寮生活ワークショップ実施

2021年04月29日

今日は祝日ですが授業日でした。コロナや雨のため道の駅のイベントや野球の交流試合がなくなったので、午前中は寮や校舎の大掃除をしました。
そして午後からは寮生活をより良くするためのワークショップを行いました。
小グループに分かれ、寮生活で良かったことをピンクの紙に、改善したい点を黄色の紙に書き出しました。
ピンクの紙には「友達と過ごせる時間が楽しいです」「先生が優しくて相談しやすい」など心がほっこりする意見がいっぱい出ました。
一方、黄色の紙には「朝ご飯をパンかごはんか選べるようにしてほしい」や「ゲームをする環境をもっと良くしてほしい」など生活改善のいろいろな意見が出されました。
この意見をもとに、職員会でも話し合いを行い、よいよい寮生活になっていければと思います。



ページ先頭へ戻る