コラボレイト

私たちは授業という枠にとらわれずに、様々な体験学習に取り組んでいます。
不登校傾向の子どもたちはどうしても社会的な経験が乏しく、なかなか他人とうまくコミュニケーションを取ることができなかったり、またそうした機会を持てなかったりします。西濃学園では地域の伝統活動やボランティア活動、物作り、外部講師を招いての講演会など、いろいろな企画を通して子どもたちの社会性をはぐくむ活動を行っております。

創作劇


創作劇

テーマはいじめ、戦争、等身大の自分たちなど、様々で、毎年11月に行う西濃祭の目玉活動としておよそ2カ月間、全員で取り組んで、発表します。

地域活動


地域活動

西濃学園がある藤橋地区、さらには日坂地区などの草刈、夏と秋のお祭り、田植え、そして揖斐川クリーン作戦など、地域の生活につながる活動に積極的に参加し、社会性をはぐくんでいます。

社会見学


社会見学

各学期に1回は、外部講師をお招きしての講演と、社会見学をしています。
今までには検事さん、手話教室、アロマセラピー、音楽コミュニケーションの会の人たちをお招きして行ってきました。社会見学では、読売新聞社や、アサヒビール工場の見学、名古屋市科学館などに行ってきました。

集団ゲーム


集団ゲーム

いろんなスタッフが思考を凝らしてルールを作って、いろいろな集団ゲームを行っております。中でもテレビでおなじみの≪逃走中≫を学園風にアレンジした西濃版逃走中は生徒たちに大人気です。そのほかには、グループ別に分かれていろんなゲーム、調べ学習、クイズ選手権、等も行っております。


ライフプランニング


自分の生きる社会や関係性の中で、自分の人生の基盤、ひいては、人生そのものを作っていけることができるよう、相互的なコミュニケーションについて体験的に学び、感情のコントロールについてを学びます。



ライフプランニングは、1人の教師が行うのではなく、多数(5名〜8名程度)の教師が入り、生徒と関わっています。


リカバリー


生徒が学校へ行っていなかった時期や学校へ行っていても学ぶ意欲が発揮されるに至らず、取りこぼした内容について復習する時間です。
目標は不登校の間に取りこぼした内容を取り戻し、学力を向上させること。主に国語・英語・数学の3教科を個別学習で行なっています。

 

 

ページ先頭へ戻る