A君(西濃学園高等部2年次転入 現在:立教大学社会学部在籍)

ぼくは愛知県の私立高校に進学しましたが、2年生になったころから、友人関係でうまくいかなくなり、高校に行けなくなりました。西濃学園に入学する前はすごく混乱していました。学校は嫌だったし、家族も嫌でした。家で家族と顔を合わせたくなかったし、母親と話していると余計に混乱しました。
別に西濃学園に期待していたわけじゃありませんでした。入学したいという気持ちもありませんでした。ただ、親が「行け」とうるさく、その相手をするのが面倒だったため、入学しました。
西濃学園では、のんびり時間が流れていました。細かいルールもなく、自分のペースで生活を送ることができました。自由な時間も多く、いろいろ考える時間が取れ、時間の経過とともに少しずつ頭の中が整理されていきました。
その中で気付いたことは、ぼくは、学校は嫌だったけど、勉強自体が嫌いなわけではなかったということです。勉強をしていれば褒められることが多いし、やった分だけ結果もついてきました。勉強はそれまでの辛い生活と比べれば、全部大変ではありませんでした。
また、勉強を進めていく中で、大学に入って社会学を学んでみたいという気持ちもわきました。僕は今まで自分のことで精一杯で、今日の社会で起きている様々な問題や、事件のことを全く知りませんでした。少し余裕が出てきたからだと思いますが、自分を取り巻く世界を知りたいと思うようになりました。
西濃学園では通常の授業以外に、授業後に補習や個別指導をしてくれるので、自分のペースで勉強を進めることができました。そのことも勉強を続けることができた理由だと思います。
そして僕は無事、第一志望の大学に合格することができました。西濃学園に入学していなければ、今の自分は間違いなくいなかったと思います。

Bさん(西濃学園高等部1年次入学 現在:3年生在学)

私は中学1年生から学校に行けなくなりました。人と会うのが怖くて、ほとんど家から出ることもできず、悶々と暮らしていました。そして、中学3年生の時、高校進学もあきらめていた私に、担任の先生が西濃学園を勧めてくれました。最初は「行けない」と思っていましたが、体験入学の時に、「無理をしなくても自分のペースでいいから」と言われて、入学を決意しました。
一番心配だったのは、勉強のことです。私は中学で習うはずのこともできないので、ついていけるかどうかがとても心配でした。でも、西濃学園では私の出来るところからスタートしてくれましたし、個別の補習もやってもらえたので心配無用でした。
今の私の夢は、介護の仕事に就くことです。その夢に向かって頑張っています。

C君(西濃学園高等部1年次入学 現在:名古屋学院大学在籍)

ぼくは中学2年生の時、いじめが原因で不登校になりました。そして中学3年生の時に、いろいろな高校を紹介してもらいましたが、「どうせ行っても・・・」と思って、どこにも入学せずに家に引きこもっていました。そんな時に、母親が西濃学園のことをインターネットで調べてくれました。でもぼくは入学する気になれず、そのまま家で過ごしていました。
しばらくすると、スタッフの一人が、定期的に家まで来てくれて、話をするようになりました。最初は、学校に来るように強制されるのかと思いましたが、「まずは一緒に野球をしないか」と誘われたんです。スポーツが大好きだったので、野球だけ参加するという形で、ぼくの学園生活が始まりました。週に一回、練習に参加するだけでしたが、みんなとても親切にしてくれて、学園のイメージががらりと変わりました。そしてすぐに入学し、出来る範囲で努力をしました。その結果、大学は指定校推薦で受験することができました。

 

ページ先頭へ戻る